コラム

column

妊娠中も健康維持に漢方を取り入れたい方は相談を

妊娠中には様々な制限が存在します。その制限というのはママと赤ちゃんを守るためのもので、身近なもので注意してほしいのが市販されている一般用医薬品の服用です。一方、漢方薬の場合は副作用の懸念が少ないことから、妊娠中でも服用したほうが良いというものも存在します。

ただし、すべての漢方薬が無条件に安全というわけではないため、病院では漢方療法を慎重に対応しています。

妊娠中に漢方薬を服用する目的

妊娠中に漢方薬を服用する目的

妊娠中でも服用できる漢方薬はあります。服用する目的は体力の低下を予防したり、風邪の初期症状に似た不調を緩和させたり、ほとんどが妊娠中のマイナートラブルです。

漢方薬を有効活用することの恩恵は大きく、症状の緩和の他、精神面における余裕やストレス軽減につながっていくこともあるでしょう。そのため、妊娠をきっかけに漢方薬に興味を持っていく人は少なくありません。上手く付き合っていくことの恩恵の大きさは、心身ともに存在します。

すべての漢方薬が恩恵をもたらすわけではない!

漢方薬は副作用の心配が少ないからといって、どんな漢方薬でも服用して良いというわけではありません。体質的なアレルギー症状が漢方薬によって引き起こされてしまう可能性などを考えると、大きなリスクを伴った考え方になっていくでしょう。特に妊娠中は体質が変化しやすいため、細心の注意が必要となります。

漢方療法は医師の指示が必要です

漢方療法は医師の指示が必要です

闇雲に多くの漢方薬を利用するような状況を作るべきではありません。妊娠していない時に服用して大丈夫であった漢方薬でも、妊娠をすることで体質が一時的に変わり、アレルギー反応を示すケースもあります。

G&Oレディスクリニックでは、毎週火曜日と木曜日の14:00~15:30、予約制で漢方療法・研究所における漢方健康外来を受け付けています。漢方を専門とする薬剤師による問診と、医師による診察・処方を組み合わせた漢方療法です。処方する漢方薬は、すべて保険適用となります。

刈谷市で漢方療法を希望される方は、インターネットまたはお電話でご予約のうえご来院ください。場所は刈谷市総合運動公園を目印にしていただくと、わかりやすいかと思います。電車の場合は刈谷駅北口より刈谷市公共施設連絡バス西境線に乗車し、「泉田町折戸」停留所で下車してください。

産婦人科を選ぶポイント

出産に備えて

漢方療法とは

助成金について

刈谷市で漢方療法をお考えならG&Oレディスクリニックへ

院名 G&Oレディスクリニック
住所 〒448-0004 愛知県刈谷市泉田町折戸6-2-2
TEL 0566-27-4103
FAX 0566-27-4122
URL http://www.go-clinic.gr.jp

-Welcome- ようこそ。
G&Oメディカルヴィレッジへ。