コラム

column

漢方薬にはどのようなタイプがある?

漢方療法に用いられる漢方薬の剤形には、いくつかタイプがあります。漢方薬のタイプをご紹介いたしますので、ご覧ください。

煎じ薬

煎じ薬

数種類の生薬を組み合わせて、水に浸して煮出した漢方薬です。「挽いた豆からコーヒーをつくる方法」と説明すれば、想像しやすいでしょうか。医師が患者の症状や体質、生活習慣などを把握して処方します。昔ながらの製法で細かい調整をするため、生薬の力を引き出しやすい方法と言えます。

エキス製剤

エキス製剤

煎じ薬を濃縮して乾燥させ、乳糖やでんぷんを加えて顆粒にした漢方薬です。お湯や水に溶かしてすぐに飲める、インスタントコーヒーのようなイメージです。薬局で販売できる一般用と、医師の診断で処方される医療用があります。持ち運びに優れ、手軽に服用できます。漢方独特のにおいも少ないです。

散剤・丸剤

生薬をそのまま粉末にした漢方薬が散剤です。その散剤に、はちみつや米粉などを加えて丸く固めた漢方薬が丸剤です。散剤は他の剤形と比べて効き目が早く、丸剤は穏やかに持続します。

漢方薬はどのように処方される?

漢方では、心と体を一つとして捉えています。疲れやすく抵抗力が低下している虚証タイプ、体力があり丈夫な実証タイプ、その中間のタイプに分けて、症状と合わせて総合的に判断して処方されます。

不妊治療で漢方薬を用いる際は自己判断をせず、病院の医師にご相談ください。刈谷市にお住まいで漢方薬や漢方療法に興味がある方、愛知県刈谷市にあるG&Oレディスクリニックでは、漢方療法の四診(望診・聞診・問診・切診)を取り入れながら西洋医学的診断に基づき、漢方薬を処方いたします。

東洋医学の観点から問診を行い、丁寧に診察・検証することで、一人ひとりに合った漢方薬を処方いたします。刈谷市は愛知県のほぼ中央にあるため、名古屋や三河方面からも通いやすいです。

出産に備えて

漢方療法について

不妊を改善するために

女性ホルモンの影響

刈谷市で漢方療法をお考えならG&Oレディスクリニックへ

院名 G&Oレディスクリニック
住所 〒448-0004 愛知県刈谷市泉田町折戸6-2-2
TEL 0566-27-4103
FAX 0566-27-4122
URL http://www.go-clinic.gr.jp

-Welcome- ようこそ。
G&Oメディカルヴィレッジへ。